Need Help?

Gender and Religions Research Center

ジェンダーと宗教研究センター

研究体制

研究体制

ユニット

ユニット1:グローバルな視点から宗教とジェンダー研究を推し進める。

グローバルな視点から宗教研究を行い、フェミニズム、ポストコロニアリズムなどの動向も踏まえながら、宗教におけるジェンダー・バイアスの問題を明らかにします。そして問題解決のために必要な理論を構築し、ジェンダー平等な世界の実現に向けた提言を行っていきます。宗教研究にジェンダーの視点を取り入れることの意義を明らかにし、研究プロジェクト全体に連なる枠組みを提示します。

ユニット2:日本の諸宗教におけるジェンダー状況に関する調査研究を行う。

現代日本の諸宗教のジェンダー状況について調査や資料収集を行い、その動向を分析します。各教団における聖職者や聖職者以外の人も含めた職員等に関するジェンダーの状況、性的マイノリティに対する対応、ジェンダーに関する教理解釈などについて研究を進めていきます。日本の宗教組織におけるジェンダーやセクシュアリティへの取り組みについて現状を明らかにし、その課題と可能性について提言を行います。

ユニット3:ジェンダーの視点から宗教教育について研究を行う。

近代の仏教やキリスト教による女子教育、西欧の影響と日本の「良妻賢母」教育に関する調査や検証を行います。創設以来380年以上の歴史をもつ龍谷大学には宗教教育に関する資料も多く所蔵されており、これらの資料のデジタル化を進めていきます。さらに国内外の関係施設においても調査研究を行い、宗教教育とジェンダー研究のコラボレーションを実現させ、当該分野の開拓を目指します。

ユニット4:ジェンダーの視点から宗教の公益性に関する研究を行う。

近年メディアや学会において「宗教の公益性(宗教者の社会貢献)」に注目が集まっています。自然災害時や医療の現場など普段よりも生死が意識される場で、あるいは社会や文化の形成といった日常的な側面で、それぞれ宗教は重要な役割を担ってきました。そこにジェンダーの視点を取り入れることで「宗教の公益性」の問題を新たな視座から検討していきたいと考えています。

研究員

氏名 所属・職 役割・専門
岩田 真美 文学部・准教授 センター長・全体統括・真宗学
亀口 まか 文学部・准教授 副センター長・地域社会教育とジェンダー・教育学
清水 耕介 国際学部・教授 ユニット1リーダー・ポストコロニアルとジェンダー・国際政治経済学
猪瀬 優理 社会学部・准教授 ユニット2リーダー・宗教のジェンダー状況調査・宗教社会学
中西 直樹 文学部・教授 ユニット3リーダー・仏教女子教育史・歴史学
中村 陽子 文学部・教授 ユニット4リーダー・医療と宗教・看護学
林 行夫 文学部・教授 東南アジアの仏教と社会変容・文化人類学
水尾 文子 文学部・准教授 日本への英国女子教育の影響・英文学
金沢 豊 文学部・実習助手 震災と宗教・社会実践・仏教学
桂 紹隆 龍谷大学・名誉教授 インド仏教とジェンダー・仏教学
佐藤 智水 龍谷大学・客員教授 中国仏教とジェンダー・中国仏教史
和田 秀寿 龍谷ミュージアム・学芸員 展示企画・日本近代史
菊川 一道 龍谷大学・世界仏教文化研究センター博士研究員 宗教のジェンダー状況調査・真宗学
栗原 直子 龍谷大学・非常勤講師 宗教のジェンダー状況調査・真宗学
吉岡 諒 龍谷大学・非常勤講師 宗教による女子教育・歴史学
李 曼寧 龍谷大学・非常勤講師 伝承文学にみる女性観・説話文学
打本 和音 京都芸術大学・非常勤講師 仏教美術と女性・仏教学
大澤 広嗣 文化庁宗務課・専門職 宗教のジェンダー状況調査・宗教学
川橋 範子 国際日本文化研究センター・客員教授 宗教とジェンダー・宗教学・文化人類学
ケネス 田中 武蔵野大学・名誉教授 アメリカ仏教とジェンダー・仏教学
小林 奈央子 愛知学院大学・准教授 民俗宗教とジェンダー・宗教学
小松 加代子 多摩大学・教授 宗教とジェンダー・宗教学
近藤 俊太郎 本願寺史料研究所・研究員 近代仏教とジェンダー・歴史学
竹下・ルッジェリ アンナ 京都外国語大学・教授 禅宗と女性・宗教学
田中 久美子 愛媛大学・准教授 医療と宗教・看護学
西山 ゆかり 聖泉大学・教授 医療と宗教・看護学
藤原ワンドラ 睦 米国仏教大学院・非常勤講師 アメリカの女性と真宗・真宗学
本多 彩 兵庫大学・准教授 アメリカの仏教と女性組織・社会学
嶺崎 寛子 成蹊大学・准教授 イスラームとジェンダー・文化人類学
村山 由美 南山宗教文化研究所・非常勤研究員 キリスト教とジェンダー・神学
山梨 有希子 白百合女子大学基礎教育センター・嘱託講師 宗教間対話・比較宗教文化論